目の下のクマを治療しよう~若返り美人の秘密情報~

女性

鼻を高くする手軽な方法

医者

横浜の美容外科では、近年、鼻を高くするためのヒアルロン酸注入に関する問い合わせが多いです。鼻筋にヒアルロン酸を入れるだけで、美しい仕上がりになるので、とても人気です。施術前には、鼻がきれいになるようにきちんと医師とカウンセリングすることが大事です。

詳しくはこちら

メラニンや脂肪除去で解消

美容整形

色素沈着タイプも除去可能

一口に目にできるクマといっても、実はその発生原因ごとに複数のタイプが存在します。寝不足などの体調不良で表れやすい青グマや、眼窩脂肪がせり出すことで皮膚がたるんで起こる影グマ、そしてメラニン色素沈着が原因の茶グマなどです。美容整形外科で受けられる目のクマ治療が現在人気となっている理由は、この全てタイプのクマに対応できるためです。セルフケアで治せる青グマはもちろん、色素沈着タイプの自分で治すことができない茶グマも美容整形外科ならば治せます。このタイプのクマはレーザー治療を施すことで解消ができます。選択的に色素であるメラニンのみを破壊することで、クマとなって色素が残っていた部分を綺麗な肌にしてくれます。

肌再生力の向上も視野に

肌の再生力の低下や、ターンオーバーの異常、老化などが目の下に出来るクマの原因です。美容整形による施術で解消することが現在では可能ですが、肌の再生力などが衰えていれば、再び発生するリスクもあります。そこで最近の目のクマ取り治療では、同時に肌再生力の向上を促す施術も提供されており、今後さらに広がると見られます。その一例がPRP療法と呼ばれるもので、自己多血小板血漿療法とも言い、濃縮した患者の血小板を患部に注入して意図的に肌を傷つけることで、肌再生を促進させる技術です。アメリカのプロスポーツ選手も施術を受けるなど、近年注目を集めており、日本でも普及しつつあります。目のクマを除去しつつ、肌の再生力を高める治療を施す流れは、将来的に主流となる可能性も秘めています。

若さを保つために

美容整形

人はいずれ歳を取る事で老けたりします。しかしいつまでも若くいたいと考え人は多い事でしょう。その老けとは様々な事で感じられますが、中でも頬のたるみは老けの代名詞ですが、これに対しては対策を打つ事が出来ます。

詳しくはこちら

顔が小さくなる施術

おんなの人

小顔注射の人気が、沖縄の美容クリニックで高まっています。これは、A型ボツリヌス毒素を顔のエラに注射して、筋肉を衰えさせる施術です。顔の大きさの要因であるエラが小さくなるので、小顔になれます。ダウンタイムもなく、気軽に行えるので、とても注目されています。

詳しくはこちら